ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

読書メモ

読書メモ:言い方ひとつで! 生き方が180度変わる「ことばのチカラ」

言い方や言葉には気をつけないと思いつつ、つい忘れて相手の気分を害する言い方をしてしまうときがあります。人見知りな上に気を付けてしゃべろうとして、なかなか自分からしゃべりかけたりできたりできないのを、 「人見知り、空気読めないって公言すると『…

日経ソフトウエア 2020年3月号感想

【特集1】2大人気言語 Python & JavaScript同時入門 PythonとJavaScriptを比較しながら学べます。 オブジェクトのコピーで、浅いコピーと深いコピーがあるとは知りませんでした。 他の言語ではどうなっているんでしょうね。 【特集4】Python×PDF活用術 前編 …

日経ソフトウエア 2020年1月号感想

【特集1】Pythonで自動化 ~たまった写真を自動で整理・アーカイブ~ 毎月単位でフォルダを作って管理するとか、写真ではないファイルを、日付とファイル名のフォルダを作って移動するという応用を考えたいです。 【特集3】Visual Studio 2019 新機能の実力 ~G…

ファイブスター物語15巻を読み終えて

13巻が2015年8月8日発売、14巻が2018年2月10日発売だったので、15巻はまだまだ先かと思っていたら、2019年12月9日に発売されました。 連載が順調で、コミック化の作業が順調なんだろうな、と勝手な想像をしています。13巻から大幅設定変更がされて3巻目にな…

日経ソフトウェア 2019年11月号感想

【特集1】Python×Excel活用術 ExcelにはVBAがあるので、VBAでなんとかしようとする考えもあるとは思いますが、Pythonで操作する方が、僕にとってはとっつきやすい印象です。 データ加工が必要になったら、参考にしたいです。 【特集2】「AIエアギター」アプ…

読書メモ:アドラー博士の子どもを勇気づける20の方法

読んで少なからず驚いたのが、「アドラー心理学では、物事の原因にことさらにこだわることをしません。」と書かれていた点です。 原因があって結果があると思っているので、原因を確認してからなぜこうなったのかと、どんなときでも考えてしまいますし、聞い…

日経ソフトウェア 2019年9月号感想

【特集1】驚愕の機能 人工知能API 前編 Google Cloud Vision APIでレシートの画像認識をしていますが、このようなAPIを無料で利用できる点、そもそも画像認識ができる点が便利になったなと思いました。 【特集2】Pythonで「AIと対戦できるリバーシ」を作ろう…

日経ソフトウェア 2019年7月号感想

【特集2】Visual Studio Codeを使おう Visual Studio Codeは僕も利用しています。 便利な拡張機能がありますが、同じ目的のために複数の拡張機能があって、どれがいいのか迷います。 開発言語別の拡張機能の紹介記事を読んでみたいです。 初歩の数学からわか…

読書メモ:どんなときでもバッチリ伝わる!説明力があがるコツ

1か月近く前にも、「どんなときでもバッチリ伝わる!説明力があがるコツ」を読んでいて、僕には図を書いてもらうのが理解しやすいと書いています。 ajya.hatenablog.jp 自分でやらないで人にやってもらうコツを実践 「どんなときでもバッチリ伝わる!説明力…

日経ソフトウェア 2019年5月号感想

【特集1】7ステップで即効マスター「Pythonの基本のきほん」 ざっくりと基本がわかります。 最後に作成したプログラムは、Pythonista 3専用なので、独特な部分があると感じました。 【特集2】プログラミング言語ミニ事典 事典としてはミニ過ぎるので冊子付録…

日経ソフトウェア 2019年3月号感想

【特集1】コードを止めるな!「Pythonで自動化」 写真に写っている人物の顔の部分をスタンプで隠す方法は書かれていますが、「コードを止めるな!」という部分がタイトルがどの部分を指しているのかわかりませんでした。 【特集2】Pythonゲームプログラミン…

読書メモ:人生が変わる会話術

会話が苦手で、特に初めての人で相手も話下手だったりすると、すぐに話が終わって沈黙が訪れ、気まずい時間が続く経験が何度かあります。 昨日書いた自分のトリセツの 他人にどう思われるのかを気にしすぎているというのがあります。自分のトリセツはなんだ…

読書メモ:強運を引き寄せる! 魔法の「口ぐせ」リスト

あたり前に思える「口ぐせ」から、思いもしなかった「口ぐせ」までありました。思いもしなかった「口ぐせ」では、電話をかけて相手が出たときに、僕は「今電話に出たのだから話しても問題ない」と考えてそのまま話し続けていました。 本書では、「電話に出た…

日経ソフトウェア 2019年1月号感想

【特集1】タイタニック号から生還できるのは誰? 実践! 機械学習のプロセス徹底解説 Kaggleというデータサイエンティスト/機械学習エンジニアが集まる世界最大級のコミュニティーサイトがあるんですね。 初心者にも活用されているそうです。 Kaggle: Your Ho…

読書メモ:THE21 2018年 12 月号(感情に振り回されない 最強のメンタルの作り方)

初めてTHE21というビジネス誌を読みました。 ほぼ特集しか読んでいませんが、読んでいる途中で苦痛になり、止めようとは思いませんでした。 苦痛にならないということは、それだけ僕自身が心理について興味があるんだと認識を新たにしました。 タスクを細分…

読書メモ:一生使える「人を動かす」話し方

Kindleで0円で販売されていて、それで「人を動かす」方法がわかるのかと読みました。 この記事を書いている時点でも0円で販売されています。内容は「人を動かす」というより、人と上手く付き合う方法に思えました。 人と上手く付き合えなければ、「人を動か…

読書メモ:禅的 生活ダイエット

書名をみたときは、「ダイエット」なので関係ないと思いましたが、「生活ダイエット」とあり、Amazonの内容紹介に 「減らす」生活は、何も片付けの話ばかりではありません。とあったので読んでみました。紹介されているとおり、片付けについては一部で、生活…

日経ソフトウェア 2018年11月号感想

【特集1】人工知能で画像生成に挑戦 「敵対的生成ネットワーク」(GAN)という言葉自体初めて知りました。 記事ではWindowsで環境を構築されていますが、CentOS上で環境を構築して、試してみようとしています。 【特集3】Pythonista 3でiPhoneアプリを作ろう! …

読書メモ:偏差値よりも挨拶を 社会で伸びる子どもたち

挨拶についていろいろ書かれているのかと思いましたが、そんなことはありませんでした。 エスカレータに乗せてしまうのではなく、階段で1歩ずつ上がるようにしようということを繰り返し主張されていました。冒頭に書かれていたキッザニアは、東京と甲子園で…

日経ソフトウェア 2018年9月号感想

【特集2】Pythonユーザーなら「JupyterLab」を使いこなせ! Pythonでコーディングする機会があったら、思い出して使ってみたいです。 【特集4】プログラミングっぽいこともできる! 「Nintendo Labo」で遊ぼう バラエティーキットとロボットキットの2種類が発…

日経ソフトウェア 2018年7月号感想

【特集2】Pythonで身近な数学を学ぶ 後編 ---三角関数、行列、畳み込み演算 三角関数で正弦波を描くのは、以前なにかの言語でやったことがあって懐かしかったです。 【特集3】文書改ざんはブロックチェーンで防げる! カギとなるハッシュ関数を基礎から学ぶ …

読書メモ:仕事が速い人ほどマウスを使わない! 超速パソコン仕事術

パソコンの操作を少しでも速くして、仕事を速く終わらせたくて読みました。 最初は基本的な操作で知っていることの方が多く、読み始めたばかりは、読む意味があまりないかと思いました。そんなことを思いながら読み進めていくと、エクスプローラのアドレスバ…

読書メモ:まんがで叶える 引き寄せの法則

引き寄せの法則と見て/読んで、最初に思ったのは、本作の主人公と同じように願っていれば叶うということでした。 願っていれば叶うということだという先入観をもって読んだら、「法則」なので違っていました。ピンクのエネルギーとグレーのエネルギーの例え…

読書メモ:迷ったときのリーダー論 ―あなたがピンチを脱する15のコツ

リーダーが切羽詰まって困っている状態から脱出するための方法や、チームのまとめ方を15のコツとして書かれているのかと、書名から思いました。 そう思いながら最後まで読み切ると、リーダー論ではなく人生論について書かれた本だったという印象です。特に「…

読書メモ:人に好かれる35の魔法

昨日の記事に やる気の地図の最後の空欄が、「まず、笑う」というのは、最近読み終わった本にも通じる部分を感じました。読書メモ:やる気クエスト(2)~やる気クエスト(6) - ソフトウェア開発者の日常と書きました。最近読み終わった本が、「人に好か…

読書メモ:やる気クエスト(2)~やる気クエスト(6)

無料で購入できる機会があって購入はしたものの、読んでいませんでした。 読んでいた本が読み終わったタイミングで思い出して一気に読みました。 2時間もかからないで読み終わっていました。 最後に残った空欄 やる気の地図が埋まっていく過程を読みながら、…

日経ソフトウェア 2018年5月号感想

【特集1】Watson AI × Pythonで自然言語分類 Anacondaが機械学習などのライブラリを豊富に含んだPythonのディストリビューションということを知らなかったので、今後Pythonを利用する際はインストールしてみます。 【特集4】BBC micro:bitで遊んでみよう こ…

読書メモ:PRESIDENT (プレジデント) 2018年3/19号(会社の数字、お金のカラクリ)

以前会社の研修で、会計についての学んだことがあり、会計についてもっと学びたいという意識があります。 前回購入した号は、買ってからイマイチだったかなという意識があったので、購入前に書店で内容をざっと見てから購入の決断をしました。 職務給と職能…

日経ソフトウェア 2018年3月号感想

【特集1】「Python」ゲームプログラミング入門 Pythonはさまざまなライブラリがあるというのは知っていましたが、「Pygame」という2次元ゲーム開発向けのライブラリがあるとは知りませんでした。 ゲームを作る機会はないかもしれませんが、どの程度できるの…

読書メモ:PRESIDENT (プレジデント) 2018年3/5号(ウソが平気な人、悪口好きな人)

表紙にも書かれている「職場の深層心理学」がわかると、これからの会社員生活に役立ちそうと興味がわいたので購入しました。 読んでみて、これは確かにそうだな、と思える部分を感じられなかったのは、周囲の観察力が不足しているからなんでしょうか。面白く…