ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

トマトスパゲッティづくりに初挑戦しました

これまでに、いろいろ作ってきました。
豆腐ハンバーグづくりに初挑戦しました - ソフトウェア開発者の日常
ワンタンスープづくりに初挑戦しました - ソフトウェア開発者の日常
スープ餃子づくりに初挑戦しました - ソフトウェア開発者の日常
ふわ玉トマト炒めづくりに初挑戦しました - ソフトウェア開発者の日常

今回はトマトスパゲティを作りました。
これまで同様、市販品を使っています。
今回は、名城食品の「トマトスパゲッティ Wチーズ」を使いました。
www.meijo.co.jp

作り方は、裏に書いてある通りです。
トマトスパゲッティ Wチーズ 作り方

具材としては、ピーマン、玉ねぎ、ベーコンを用意しました。
ピーマンは、せん切り(横)にしました。
delishkitchen.tv
玉ねぎは、薄切り(横)にしました。
delishkitchen.tv
どちらも繊維を切る切り方をしていますが、玉ねぎは切っている途中から目が痛くなってきて、切り終わったら涙が出てきました。

2個買って、合計4玉をいっきに作りましたが、26センチの深型のフライパンを使ったので、無事作れました。
途中で入れる水の量も、4玉分の大さじ8杯分を入れました。

味が薄くなることもなく、おいしく作れました。

無茶ぶりな案件の見積をやっと送付できた1週間の振り返り(2021/4/10〜2021/4/16)

急ぎの案件に対しての回答があり、見積に必要な情報が揃ったので見積を作成し送付した、1週間を振り返ります。

  • 2021/4/10(土)
    自宅の周りの草を枯らすために、粉の除草剤を撒きました。
    先週草を抜いたところにも撒きましたが、草がないとわかりにくいです。
    粉の除草剤は長ければ6ヶ月効果が持続するので、楽ができるはずです。
  • 2021/4/11(日)
    子どもの8歳の誕生日より3日早かったのですが、お祝いをしました。
    来年は外食でお祝いできる状況になっていて欲しいです。

ajya.hatenablog.jp

  • 2021/4/12(月)
    HTML5 バリデータを使って、HTMLを正しく書き直しました。
    バリデータを使って、うっかりミスを発見して直しています。

ajya.hatenablog.jp

  • 2021/4/13(火)
    母の病状を聞くために、休みを取って病院に行きました。
    まずは今の病院を退院できる状態になって欲しいです。

ajya.hatenablog.jp

  • 2021/4/14(水)
    子どもの8歳の誕生日でした。
    すくすく育っています。

ajya.hatenablog.jp

  • 2021/4/15(木)
    AWS上で動作しているWindowsが正常に動作しなくなりました。
    AWSコンソールから停止をしても停止中のままだったので、強制停止をして、起動をしたら、正常に動作しました。
    以前も同様な現象が起きたので、Windowsが正常に動作していない状態になったら、Lamdaで停止と起動を行うようにしました。
  • 2021/4/16(金)
    急ぎの案件の見積をやっと作成しました。
    急ぎの割には、質問に対する回答までに時間がかかります。


急ぎの案件の回答が1週間経ってやっとあり、見積に必要な情報が揃ったので、見積を作成しました。
先方の中でもいろいろあるのかもしれませんが、急いでいるのなら、急いでいるらしく、早く回答が欲しいです。


子どもの誕生日のお祝いの際に食べました。
ケーキ
甘すぎず美味しかったです。

HTML5 バリデータを使って、HTMLを少しでもきれいにする

以前利用していたシステムを一部修正して再利用する案件が、たびたびあります。
以前利用していたので、正常に動作しているはずですし、表示も問題ないはずです。

一部修正のためにソースコードを見ると、不要な部分がコメントアウトで残されていたり、未使用変数の存在に気がついたりします。
全面的に直している時間が確保できないので、ボーイスカウト・ルールの精神で、気がついた箇所をできる範囲で修正しています。
xn--97-273ae6a4irb6e2hsoiozc2g4b8082p.com

ロジック部分は、動作を考えながらなので時間がかかります。
ときには誤った修正をしてしまい、テストで動作が期待通りではないために、再修正をするときもあります。

HTML
Photo by Pankaj Patel on Unsplash

HTML部分は、バリデータサービスを使ってチェックをするようにしました。
利用したのは、
validator.w3.org

rakko.tools
です。

どちらでも同じエラーが表示されているので、どちらを使っても構いません。
後者の方が、操作に関しては日本語なので、とっつきやすいです。

バリデータサービスを使ってチェックをするのをずっと習慣づけていれば、今になってなんでこんなところに間違いがあるんだ?と修正をしなくても済んだのに、と思うことがしばしばあります。
再利用される可能性がどれだけあるのかわからないけれど、気がついたので修正をしています。
ときには、間違った書き方のために、正しくない表示だったにも関わらず、問題にならなかった部分を修正するときは、正しくない表示になるように修正すべきか?と考えてしまうこともあります。