ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

ファイブスター物語15巻を読み終えて

スポンサーリンク

13巻が2015年8月8日発売、14巻が2018年2月10日発売だったので、15巻はまだまだ先かと思っていたら、2019年12月9日に発売されました。
連載が順調で、コミック化の作業が順調なんだろうな、と勝手な想像をしています。

13巻から大幅設定変更がされて3巻目になり、慣れてはきました。
相変わらずよくわからなかったり、思い出せないキャラクターがいたりしますが、ゴティックメード(GTM)同士の戦闘シーンがあると、楽しめます。
破烈の人形は飛行形態で登場して人型に変形し、黒騎士との戦闘は決着がつくのを期待しましたが、決着がつきませんでした。
相変わらずの強さですが、弱点もあるので、今後弱点を突かれるシーンがあるのか気になります。

意思がないはずのエトラムルが恐怖感じていたのも印象に残りました。
今後、この点が生かされていくのもか興味があります。

全体を俯瞰して理解するための設定資料集とか欲しくなりますが、発売されたとしてもどんどん変わっていきそうです。
巻末の資料も読まなくては。