ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

タバコのニオイは苦手

スポンサーリンク

父親がタバコ吸っていました。
一日何本吸っていたのかは覚えていません。
僕の子どもの頃からずっと吸っていた記憶があります。

父親が吸っていれば、タバコのニオイには慣れているような気がしますが、慣れていません。
父親が亡くなってからは実家でタバコを吸う人がいなくり、普段からニオイを感じなくなったからかもしれません。

駅に行くために歩いていたりすると、歩きタバコの人をたまに見かけます。
風向きから、まったくこちらに煙が来なければ、ニオイもしないのでしょうが、僕の方が歩くのが早かったり、風向きの関係でニオイがしてきます。

そんなときは、僕は歩きタバコの人から離れるために軽く走りながら追い抜いて、追い抜きざまに「クサッ」と本音を漏らします。
路上禁煙の地域でもないのに、歩きタバコの人に吸うなと言っても通じないと考えて、ニオイが嫌いな人がいるというのを伝えようとしています。
www.city.nagoya.jp

これまで何人の人に言ってきたかわかりませんが、これからも歩きタバコの人はいて、こちらにニオイが漂ってくる限り続けているでしょう。

タバコ
unsplash-logoAmritanshu Sikdar

タバコを吸う女性とキスするとどんな感じなんだろう

タバコを吸う女性とキスした経験がないのでわかりませんが、やはりニオイがするのでしょうか。
ケアされていて、そういうときにはニオイがしないのでしょうか。

この人いいなと思っても、タバコを吸うと知った途端、興味が下がります。
僕がタバコを吸わないからというのもありますが、タバコを吸えない状況にいらいらされるのを見たくないというのもあります。
子どもの頃に喘息で苦しんだ経験から、吸いたいという意識には全くなりませんでした。


「すごいニオイ」#ジェットウォッシャー「ドルツ」


by パナソニック×はてなブログ特別お題キャンペーン