ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

48歳の誕生日を迎えて

スポンサーリンク

朝起きてトイレに行ったときに、スズムシの鳴き声が聞こえました。
残暑が続いていますが、秋に向かって季節が進んでいるのを感じます。

この1年、いろいろあった気がしますが、大きな変化はなかったです。
相変わらず同じところに妻と子どもと住み、実家に住む母親は存命、僕自身は転職するわけでもなく、同じ会社で仕事も大きく変わっていません。

昨年の誕生日の際に、「変わるためには自ら動かないと」と書いていますが、昨年思ったように動いてはいません。
ajya.hatenablog.jp

子どもが描いた絵

背中を押されつつ、自分で歩かないと

昨年の記事に、

「手放したい」という思いがあるにもかかわらず、僕自身がこれまでの仕事を続けていれば「慣れている」から「楽」という思いを、「周りの要因で仕方なく」でごまかして「被害者ぶっている」とも思うようにもなりました。

47歳の誕生日を迎えて - ソフトウェア開発者の日常

と書いていたのを読み、自ら動くのを苦手としているなと改めて自覚しました。

「手放したい」仕事を手放せてはいませんが、「手放す」か、手放せなくても「大きく変える」機会が、重なってやってきていると感じています。
要因としては、今年度になってから部下の増員、他部門からの案件が継続しているなら仕事を振り分けてもらえないかとの連絡、システムを稼働させている環境の老朽化があります。

仕事を振り分けてもらえないかと連絡があった他部門に、仕事を全て移管できるのが理想です。
移管しつつ、システムを稼働させている環境の老朽化対策もしてもらいたいです。

移管できないのであっても、システムを稼働させている環境の老朽化対策はしなければなりません。
増員された部下とともに、考えて実行しなければなりません。

外部の要因に背中を押されて、変わろうとしていますが、自分の力で歩きださないと、押されているばかりです。
変わるための道筋を、考えていきます。