ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

インフルエンザの予防接種を受けました

スポンサーリンク

今年は、昨年と同じ内科で、インフルエンザ予防接種の予約をして、ワクチンを接種してもらいました。
ajya.hatenablog.jp
僕は、予約が始まって2日目に、電話ですんなり予約できました。
妻は、妻のかかりつけの内科で、すんなり予約できました。

子どもは、妻が何度も電話して、かかりつけの小児科で予約しました。
予約受付の時間が決まっていて、電話のみでの受付をされていましたが、全然電話がつながらない状況で、妻は諦めずにずっと電話をしていたら、3日目に電話がつながって、予約できました。

僕と妻は、ワクチンの接種が終わり、子どもは2回目のワクチン接種が残っている状況です。

ワクチンの予防接種
Photo by CDC on Unsplash

説明なしって正しい行為?

僕はつい最近、ワクチンの接種を受けました。
問診票を事前に記入して受付で渡し、医師の前に案内されて、問診票については特になにも聞かれませんでした。
最近副鼻腔炎になったと書いたのも、確認事項にはならないようです。
ajya.hatenablog.jp

医師が、痛くないようにと、ゆっくりワクチンを接種している間に、2回様子を確認されました。

ワクチン接種後、会計をして終わりました。

ワクチンを接種した後は、なんらかの説明があるか、書面を渡されると思っていましたが、何もありませんでした。
年齢からして、何かあっても対処が分かっているだろうから、大丈夫と判断されたのでしょうか。

昨年も、同じように説明も、書面もなかったのかもしれません。
説明か書面は、あるものだと思っているので、不思議な感じがします。