ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

母の病状説明

スポンサーリンク

母の入院している病院から連絡があり、病状説明の機会がありました。
ajya.hatenablog.jp

病院の受付を済ませ、母が入院している病室がある階に行き、ナースセンターで要件を告げると、病室に案内されました。
母は起きてはいますが、辛そうな感じで、あまりしゃべっていないのか、声がかすれ気味です。
辛そうな感じなのであまりしゃべりませんでしたが、食事を取り、リハビリをしていると言っています。
自分の年齢は5歳上に間違えて言っていました。
右手、右足ともに動くようですが、左手を使っていました。

看護師の方が呼びにみえて、ナースセンターに行き、主治医の方と話をしました。

病室
Photo by Martha Dominguez de Gouveia on Unsplash

脳出血自体は、入院した4月2日と当日の4月13日の画像を比べて見せてもらい、減っているのがわかりました。
手術は行わないそうです。

食事もできていて、リハビリも嫌がっていないと言われました。
以前と同じ動きはできない、どこまで動けるように回復するかは、わからないとも言われました。

2日前から発熱があるとのこと。
だから、先ほどは喋るのが辛そうだったのかと、納得しました。

リハビリ担当の方からは、失行、失認があると言われました。
失認のために、右手を使わず左手を使っているというのもわかりました。

熱が治ったら、リハビリを再開し、その後転院となりそうです。
転院先は、実家からあまり遠くないところになりそうです。

主治医の方から始まり、看護師の方と相談員の方、リハビリ担当の方と話をして、一緒に話を聞いていた姉とも話をしました。
再度、母の病室に行き、熱を下げてともらって、リハビリをと声をかけ、病院を後にしました。


どこまで回復できるかわかりませんが、年齢が年齢だけに、車いす生活になるのかもしれません。