ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

キーボードを購入しました

スポンサーリンク

2021年になって、ノートパソコンで利用するためのキーボードを迷っていました。
ajya.hatenablog.jp

迷っていましたが、決断してキーボードを購入しました。
購入したのは、エレコムの「TK-FDM105MBK」です。
www.elecom.co.jp
TK-FDM105MBK

購入してよかった点

  1. デスクトップ用のキーボードと使い勝手が変わらない。
    配列にこだわっていたので、満足しています。
  2. 軽くなった。
    IBM Space Saver Keyboard II」とスプリッターの重さをキッチンスケールで量ったら、993gでした。
    1kgを切る重さのノートパソコンが購入できる時代なので、ノートパソコン1台分の重さとも言えます。
    IBM Space Saver Keyboard II
    「TK-FDM105MBK」は、キーボードが約507g、マウスが約57g、レシーバーが約2gで、合計しても約566gと、400g以上軽くなっています。
    400g以上違うと、重さの違いがよくわかります。
  3. 音が静かになった。
    会社のデスクトップパソコン Endeavor AT994Eの付属のキーボードが、カシャカシャ軽い音でうるさかったので、同じような音がすると思っていましたが、静かで意外でした。
  4. マウスの光源が赤色LEDでもダイニングテーブルで動作する。
    Logicoolのマウスとは光源が違うので、ダイニングテーブルで正確に動作するかな?と思いましたが、問題なく動作しています。
    「TK-FDM105MBK」のマウスの光源

購入してイマイチだった点

  1. マウスのホイールのセンターボタンがやや硬い、ストロークが浅い感じがする
    これまで使っていたLogicoolのマウスとは、操作感が違うのは覚悟していましたが、ホイールのセンターボタンが軽い感じのマウスに慣れているので、なかなか慣れないです。


ノートパソコンでも、デスクトップパソコン用のキーボードとそん色なくキー入力ができるようになって、快適です。