ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

軽量ノートパソコンのランキング記事から選ぶ基準

スポンサーリンク

the360.lifeの、軽量ノートパソコンのランキング記事を読みました。
the360.life

軽量なので、重量1kg前後という基準は納得ですが、メモリが4GB以上という基準には納得いかず、そこは8GB以上じゃないのかと思いました。
拡張機能のインストール状態にもよるのかもしれませんが、Google Chromeだけを起動したWindows 10で、3.2GBのメモリを使用していました。
CPUにGPUが統合されて、メインメモリからビデオメモリが確保されるので、4GBからさらに減ります。
4GBでは心もとないので、8GB以上で選ぶべきと考えています。

キーボードレイアウトも気になる点で、右シフトキーが短いと、右シフトキーを右手の小指で押したつもりで、実は違うキーを押してしまうのは、以前利用していたノートパソコンで経験しています。
ajya.hatenablog.jp
ランキングの対象になったノートパソコンでは、上の記事で取り上げたノートパソコンのようなレイアウントにはなっていませんが、Enterキーの狭い部分の幅とほぼ同じくらいの幅しかないと、押し間違えてしまいそうです。

僕ならどのパソコンを1位にするのか

上記の観点を加味すると、the360.lifeのランキングでは1位なったLG gram 13Z980-GRは、メモリが4GBなので対象外になります。
6位のYOGA BOOK C930 ZA3S0090JPも、メモリが4GBなので対象外です。
4位のASUS ZenBook 13 UX333FAはキーボードレイアウトが独特なので対象外になります。

残りの3台のパソコンから選ぶと、僕ならAcer SF514-52T-H58Y/Bを1位にします。
液晶ディスプレイが14インチでも、重量は1kgを切っている点を重視しました。


人それぞれ気になる点はあるかと思います。
僕はデスクトップパソコンとノートパソコンでキーボードレイアウトの違いがあまりなく、戸惑わないキーボードレイアウントを優先し、メモリの容量も気にするようにしています。