ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

右シフトキーが短いキーボードは入力しにくい

スポンサーリンク

右シフトキーが短いと、右シフトキーを押したつもりで別のキーを押して、誤入力をしてしまうと気づきました。

きっかけ

出張の際、機材の関係上液晶ディスプレイのサイズが17インチのノートパソコンを持っていきました。
キーボードには僕が必要と思わないテンキーが搭載されています。
ajya.hatenablog.jp

テンキーは気にしないで使えばいいやと思っていたら、意外な点に気がつきました。
右シフトキーが短く、Enterキーの下に別のキーがあるレイアウトは、押し間違えてしまうという点です。

実際のレイアウトは、写真のようになっています。
右シフトキーが短い

右シフトキーが短い影響

普段は、デスクトップパソコンで仕事をしていて、フルサイズのキーボード使ってなれています。
自宅のノートパソコンは、フルサイズでありませんが、右シフトキーは短くないため、違和感はありません。

写真のパソコンでは、Enterキーの下に右シフトキーがあるつもりで入力していると、上矢印キーを押してしまいます。
右シフトキーは常に押すわけではありませんが、左手側のキーで大文字を入力したい場合、右シフトキーを押すので、単語を入力する際に利用しています。
大文字を入力しようとしたのに、カーソルが動くので、動いた瞬間に気づけばすぐに戻しますが、連続で何文字か入力したときには、あらぬところに入力された文字が表示され、いらっとします。

テンキーが搭載されていても右シフトキーが長いパソコン

15インチクラスの液晶が搭載された、ThinkPad T540pを見る機会がありましたが、テンキーが搭載されていても右シフトキーは短くありません。
テンキーがあっても右シフトキーは長い

右シフトキーが短いパソコンは、せっかく液晶ディスプレイのサイズが17インチと大きく、筐体にも余裕があるはずです。
矢印キーの位置を変えて、右シフトキーを短くしないで欲しかったです。