ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

在宅勤務で、ノートパソコンの使い勝手を向上させるために、まず買いたい物

スポンサーリンク

4月20日(月)から、在宅勤務が基本になっています。
在宅勤務では、ノートパソコンを使っています。
少しでもノートパソコンを使いやすくしようと、こちらの記事の状態で使っています
ajya.hatenablog.jp

ここまで在宅勤務でノートパソコンを使って、改めて、まず最初に買うべきものは、マウスとキーボードです。

普段からノートパソコンのみ使っていて、ノートパソコンのキーボードとポインティングディバイスに慣れている人には、無用だと思います。
僕のように、普段はデスクトップパソコンを使っていて、たまにしかノートパソコンを使わない人は、キーボードとポインティンググデバイスの違いで、効率の悪さを感じます。
PageUp/PageDown/Home/Endキーが独立していないのも不便ですし、右のWindowsキーがないのも不便です。

デスクトップパソコンと同じキーボードとマウスを購入するのもいいのですが、デスクトップパソコンと同じキーボードは場所を取ります。
ダイニングテーブルにノートパソコンを置いて仕事をしている僕からすると、テンキーのない小型のキーボードを選びます。

ギズモード・ジャパンの記事で紹介されていた、ThinkPad トラックポイント・キーボードであれば、テンキーはありません。
マウスの代わりのトラックポイントもあるので、省スペースになります。
ただ、右のWindowsキーはありません。
www.gizmodo.jp
他に紹介されているキーボードも、いい物だとは思いますが、テンキー付きであったり、省スペースだけれど慣れが必要そうです。
価格も気になります。

価格が安く、テンキーのないキーボードを探すと、エレコムで売られていました。
有線タイプがこちらのキーボードです。
www.elecom.co.jp
このキーボードを、そのまま無線にしたタイプは、こちらのキーボードです。
www.elecom.co.jp

このキーボードを買えば、テンキーを多用しない僕であれば、デスクトップパソコンとのキーボードの違いを感じず、効率の悪さを解消できます。