ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

1年間の変化

スポンサーリンク

この1年で、常にマスクが手元にあるか、どこに置いてあるのか、気になるようになりました。
訪問者があって玄関を開けるときは、すぐにマスクを付けようと、マスクを取り出すか、置いた場所から取って、付けています。

自宅のマスクの在庫も気になりますし、店頭では在庫の量と価格が気になります。
1年少し前は、マスク60枚入りで税込629円で購入していました。
まだここまで安くなっていない印象です。

在宅勤務の経験値を積む

有給休暇のときに、少しだけ会社の仕事を気にしたりといったことは、これまでありました。
在宅で、朝から夜まで仕事するというのは初めてです。
2020年4月から始まり、一時なくなりましたが、2020年8月からは、週に何日か在宅勤務する日があります。

在宅勤務を経験するまでは、いい仕組みだと思っていました。
実際に経験すると、子どもが15時くらいには帰ってくるので、それまでにZoomなどを使った打ち合わせが終わっていないと、子どもが登場してしまいそうです。
こちらが悩んでいても、見てわかるわけでもなく、大丈夫だろうと思われて、家族から話しかけられ、適当に相槌をうっていると、怒られます。
会社で極度に集中しているわけではありませんが、仕事への意識向かい方も違います。
天気を気にして、急遽洗濯物を取り入れたりもしなければならないときもあります。

完全在宅勤務の会社もありますが、働かれている方達は、家族の協力、家事の分担など、どうされているのか、仕事以外の部分が気になります。

マスクをしてパソコンで仕事
Photo by engin akyurt on Unsplash

遠出をしない

2019年は4月末から5月初めに、宮崎県まで旅行していました。
そこまで遠くなくても、例年どこかに出かけていました。
2020年は、当初は5月に御殿場に行く予定でしたが、早々にキャンセルして、全く遠くに出かけず、1度だけ、豊川に出かけただけです。
ajya.hatenablog.jp

2021年も、遠出はしないでしょう。
遠出しない変わりに、県内で開催されている、「デザインあ展」と「バンクシー展」は、見に行きたいです。
design-ah-exhibition.jp
banksyexhibition.jp


お題「#この1年の変化 」で、1年経つと、いつから今のような生活になったのか、記憶があいまいです。
当初は、あるタレントさんのショッピングモールでのイベントが、中止になったという告知を見て、大げさだな、と思っていました。
ここまでの影響が出るものだと、思いもしていなかったのが正直な感想です。