ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

家族が体調を崩したとき

スポンサーリンク

2017年の年末に、インフルエンザに妻と子どもが感染しました。
ajya.hatenablog.jp
ajya.hatenablog.jp

7月2日(金)から子どもに、7月4日(日)から妻に風邪の症状が出ました。
発熱はありませんでしたが、小学校を休んだり、仕事を休んだりしました。

僕も、子どもの通院と、食材の買い出しのため、1日休みを取り、在宅勤務ができる日は在宅勤務をして、なるべく家事を行うなどしました。

相変わらず食事で困る

インフルエンザに感染したときにも書きましたが、料理を作れると言える状態には、僕がなっていないません。
昼食は、雑炊を作ったり、そうめんを茹でて鍋の素で作ったスープをかけたりして済ませました。
夕食は、妻が作っていました。

マスクを四六時中つけているのは気が滅入る

共倒れにならないように、マスクを一日中つけていました。
世の中の状況を反映して、外出中は、会社であろうとマスクをしています。
外ではマスクをしている生活をずっとしてきて、自宅ではマスクをしなくて済む生活なのが、できないというのは、ストレスです。

食事は、別々のテーブルに分かれて食べました。
こちらは、小さくても食事はできるテーブルがあるので、配膳の手間はかかりますが、なんとかなります。


今回は咳がひどかったので、吸入器を買った方がいいのかも?と検討しています。