ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

入学準備にドリルを買うべき?

スポンサーリンク

先日、来年度入学予定の小学校の運動会に参加しました。
ajya.hatenablog.jp

運動会の後、本屋さんに行きました。
子ども向けの本が置かれているあたりに行き、どんな本が置いてあるのかと見ていると、入学準備として複数の出版社から発売されたドリルが置かれていました。
置かれていたのは以下の通りです。

Z会小学生わくわくワークは3冊出版されていて、全て置かれていました。
www.zkai.co.jp

学研は、「頭脳開発×学研教室 入学準備 2020年度版」だけ置かれていました。
hon.gakken.jp

ベネッセは、小学校入学準備インフォというページは見つかりましたが、ドリルの紹介ページが見つかりません。
3冊置かれていました。
benesse.jp

文響社は、大人気のシリーズです。
bunkyosha.com

書店
unsplash-logoRumman Amin

表紙を眺めていただけですが、「とけいボード」が気になりました。
子どもはデジタルの時計は読めますが、アナログの時計はまだ読めません。
正時であるちょうどの時間はわかっていますが、15分や40分がわかりません。
kotobank.jp
子ども自身が覚えようと思ってくれるのがいいのですが、早く覚えた方がいいのかなという気にもなってきます。

子どもがやりたがるかわからないので、年末年始くらいに機会があったら、やってみたいか聞いてみたいと思います。