ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

楽天証券の投資信託を、楽天カードで積み立てるように変更

スポンサーリンク

2021年8月に楽天カードを申し込み、9月から使っています。
ajya.hatenablog.jp

2020年10月に楽天証券に口座を作って、つみたてNISAを利用して、毎月投資信託を購入しています。
ajya.hatenablog.jp

これまでは、楽天証券の口座に振り込みをして、毎月投資信託を購入していました。
楽天カードを作ったので、楽天カード投資信託を購入することにしました。
楽天カード投資信託の購入に使えば、楽天ポイントがもらえ、入金の手間も省けます。

クレジットカード
Photo by Pickawood on Unsplash

楽天カード決済に変更は手間がかかる

楽天カード投資信託を購入するように、10月19日に楽天証券の画面からクレジットカードの登録を行いました。
10月末の投資信託の購入ではクレジットカードが使われると思っていたら、使われませんでした。

なぜ楽天カードが決済に利用されないのだろうと思って検索すると、現在の積立設定を解除して、新たに設定が必要でした。
www.rakuten-sec.co.jp
11月に積立設定の解除と新たに設定を行いました。

11月15日(月)に、「【投資信託】次回積立予定をお知らせします」という件名のメールが届き、
・積立予定日が2021年12月8日(水)
楽天カード利用分が1,885円
・ポイント利用分が1,115ポイント
とわかりました。

楽天カードで決済すると、毎月1日に積立予定日固定されていて、12月1日(水)にならないのは、なんでだ?と思ったら、2021年6月20日以降に設定すると、毎月8日なると書かれていました。
www.rakuten-sec.co.jp

11月13日(土)に、「投信積立でのポイント利用」として通常ポイント全ての1,115ポイントが使われた状態になりました。
楽天PointClubの画面でも記録がされています。

11月14日(日)に、「投信積立(楽天証券)」として、楽天カード利用の記録が、楽天e-Naviの画面から確認できます。


よく読まないで設定していたので、毎月1日に、クレジットカード決済が発生して、1日時点の楽天ポイントが使われると思っていました。
実際は、積み立ての3週間以上前の時点で行われていました。

楽天ポイントを別の用途で使おうと思っていたら、使われてしまうという事態が発生する人もいそうです。
僕の場合、楽天ポイントはガソリンを給油した際に利用したいと考えています。
楽天ポイントを利用する設定を解除しようか、設定を解除できるのか、確認しようと考えています。