ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

AWS 認定クラウドプラクティショナーに合格した1週間の振り返り(2020/10/24〜2020/10/30)

スポンサーリンク

AWS 認定クラウドラクティショナーを受験して合格した、1週間を振り返ります。

  • 2020/10/24(土)
    子どもが「逃走中」に出場したいというので、応募のための意気込み動画を撮影しました。
    2回連続で視聴して、面白かったようです。

www.fujitv.co.jp

  • 2020/10/25(日)
    久しぶりに「松屋」に行くと、店舗内が以前行ったときと、大きく変わっていました。
    注文した物は、出来上がったら自分で取りに行くようになっていて、フードコートみたいと思いました。
  • 2020/10/26(月)
    依頼元に、仕様変更をについて、仕様を連絡しました。
    依頼元は、他の会社から申し入れがあった内容を、こちらに連絡してきているのでしょうが、仕様になっていないので、こちらで仕様としてまとめて連絡して、確定してもらおうと考えています。
  • 2020/10/27(火)
    現在利用中のシステムを、1ヶ月延長利用すると連絡がありました。
    事前にシステムに設定した情報を、メールで送信しているので、枯渇しないかと念のために確認しましたが、現在のペースでは枯渇しないことがわかりました。
    利用上の制約がある旨は、依頼元に連絡していますが、機会があると確認をして、依頼元に注意喚起を促すときもあります。
  • 2020/10/28(水)
    既存のシステムを、一部修正しようとソースコードを見ると、予想していないコーディングをされていて、戸惑いました。
    合理的で分かりやすいのか?と悩みつつ、時間も考慮しながら修正をしました。
  • 2020/10/29(木)
    依頼元とZoomで打ち合わせをしました。
    お客さんと依頼元の間で、目的に対して現在のシステムが合致しているのかの確認の前に、システムでできるのか質問をされました。
    目的に対して、現在のシステムが合致しているのかの確認をしてから、こちらと打ち合わせをして欲しいです。

ajya.hatenablog.jp

  • 2020/10/30(金)
    AWS 認定クラウドラクティショナーの試験を受けました。
    全く自信がありませんでしたが、合格と表示されました。
    合格だからと、その場で何か渡されるわけではありません。
    メールで連絡があるから、合格を知らせるメールが届けば、確信できます。


AWS 認定クラウドラクティショナーに、合格できるとは思っていませんでした。
意外な結果に、驚きの方が大きくて、喜びが出てきませんでした。


非常食のパンです。
非常食のパン
賞味期限切れのため、美味しくいただきました。
非常事態で食べる機会がなく、よかったです。