ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

在宅勤務でWeb会議ツールを使って打ち合わせ

スポンサーリンク

在宅勤務の試行2回目は、Web会議ツールのZoomを使って打ち合わせをしました。
zoom.us

これまでは拠点間での打ち合わせなどで、Zoomを使っていました。
パソコンとは別に、マイクとスピーカーのセットが用意されている部屋もあります。
別の部屋では、特に設備はありませんが、ノートパソコン1台を持っていって、手軽に打ち合わせをした経験もあります。

今回初めて、在宅でZoomを使いました。
ノートパソコン1台という点は、これまでと一緒です。
これまでと違う点は、家族がいる点です。

小学校に入学したばかりの子どもは一人っ子、遊んで欲しいときに、家の中では遊び相手が親しかいません。
仕事中は最低限の声かけをしていましたが、打ち合わせ中は声をかけることもできません。

子どもの声が聞こえると思うと打ち合わせ相手には伝えましたが、なるべく聞こえないようにしたいです。

イヤホンマイクを利用

手元のiPod nanoで音楽を聴くために使っている、iPhone 6の付属品、EarPods with 3.5 mm Headphone PlugをノートパソコンのジャックにつないでZoomで試しました。
www.apple.com
試した結果、マイクとしてもイヤホンとしてもちゃんと動作しました。
EarPodsを使ってZoomでの打ち合わせに臨むと決めました。

EarPods
unsplash-logoAleksander Vlad

意外な効果

EarPodsをつけていると、子どもが珍しそうに見てきて、子ども自身もつけたいと言い出しました。
仕事に使うから貸せないよと教えると、僕の物入れから100円均一で買ってきた、イヤホンを見つけだしてきました。

イヤホンをどうやって使うのか聞かれたので、耳に入れればいいよと教えました。
それだけで終わるかと思ったら、今度は音が聴きたいと言います。
テレビは、イヤホンジャックがあったので、イヤホンジャックにプラグをさして、音を聞かせました。

イヤホンのケーブルがあまり長くないので、テレビとの距離がぎりぎりです。
そのままイヤホンをつけたままテレビを見せたくありませんでしたが、子どもは新しい体験で気にならないようです。
仕方なしに子どもはそのままにしておきました。

Zoomを使った打ち合わせは、1時間近くかかりました。
打ち合わせの間、子どもはイヤホンを外して動くときもありましたが、ずっと静かにしていました。
こちらの状況をわかっているのと、イヤホンが使えて満足していのかもしれません。
子どもに邪魔されたという経験をしないで、在宅勤務でのWeb会議は終わりました。


電話を受けるときもかけるときも、iPhoneだけ使っていて、EarPodsを使った経験がありませんでした。
今回EarPodsを使ったところ、クリアに音声を拾ってくれていたようです。
有線のわずらわしさはありますが、ノートパソコンでWeb会議に参加するなら、EarPodsは便利です。


在宅勤務の試行1回目は、こちらの記事を参照ください。
ajya.hatenablog.jp