ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

セスキでレンジフードのフィルターを再び掃除しました

スポンサーリンク

3年前にセスキを使ってレンジフードのフィルターを掃除しました。
ajya.hatenablog.jp

以前の記事の最後に、

重曹を使ったときは時間がかかり、汚れ落としに力が必要でしたが、今回は楽に済ませることができました。
今回くらいの労力で済むのであれば、年に2回くらいは掃除する気になれそうです。

セスキでレンジフードのフィルターを掃除したら楽にきれいになりました - ソフトウェア開発者の日常

と書いていましたが、結局3年間掃除していませんでした。

3年間掃除しなかった結果

3年間掃除しないと、こちらの画像ように目詰まりしているのではと思えるほど、ほこりが付着しました。
汚れたレンジフードのフィルター

以前と同じ手順で掃除して、以前と変えたところ

手順は以前の記事に書いた通り、ポリ袋にセスキ大さじ6杯を溶かしたお湯6リットルを作って、レンジフードのフィルターを2枚入れ、1時間後つけていました。

以前はこの方法で上手くいっていましたが、今回上手くいかなかったのが、2枚目をセスキを溶かしたお湯につける点です。
ビニール袋広がってしまったようで、セスキを溶かしたお湯に上手くつかっていなかったようです。
1枚目のレンジフードのフィルターは、楽に汚れが落ちましたが、2枚目のレンジフードのフィルターは、1枚目と同じように落ちませんでした。

何度もこすっていれば汚れは落ちそうでしたが、セスキ大さじ2杯を追加で溶かして、2枚目のレンジフードのフィルターをビニール袋に再び入れて30分つけなおしました。
30分後には、2枚目のレンジフードのフィルターも、1枚目のレンジフードのフィルターと同様に、汚れは落ちました。


ビニール袋ではなくバケツなどを使うか、ビニール袋には1枚ずつしか入れないようにした方が、今回の2枚目のレンジフードのフィルターのように、セスキを溶かしたお湯に上手くつかっていなかったという事態は避けられそうです。