ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

子どもがくれたもの

スポンサーリンク

6/16(日)の父の日だったので、年長の子どもからはいろいろ貰いました。
保育園で毎年なにかに似顔絵を描いてきますが、今年はマグカップでした。
マグカップ ○○より
マグカップ だいすき
これまでで一番利用頻度が高くなりそうです。
割らないように大事に使っていきます。

パンとお手紙も

保育園では毎年パンの造形もしていて、今年は顔と体があったのに、僕が金曜日に帰宅した時点では、体だけになっていました。
パン 体部分
顔は子どもが食べてしまっていました。
顔の方がトッピングの具があって美味しかったからのようです。

昨年まではなかったと思うお手紙が、今年はありました。
いつもありがとう

こういうものがもらえるのはうれしいです。

僕自身、父の日を意識していたのはいつまで?

小学校低学年くらいまでは、肩たたき券とか作っていたような気がしますが、年齢とともに意識しなくなりました。
結婚してからは、妻のお義父さん達と毎年どこかで外食しています。
子どもはいつまで意識的に行動するんでしょうね。


今週のお題「おとうさん」で昨年も書いています。
昨年は亡くなって10年になる僕の父について書きました。
ajya.hatenablog.jp
今年はおとうさんの立場の僕自身について書きました。