ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

西暦を平成に直しながらじゃないと振り返れない

スポンサーリンク

平成という和暦ではなく西暦で覚えているので、和暦と西暦を併記しながら、何があったのか思い出していきます。
平成の時代は、僕にとっては働き始めた時代、独身から結婚し子どもができた時代です。
子どもの頃にはなかった物が普及した時代もあります。

平成2年(1990年)から働いている

平成元年(1989年)になった日は、高校2年生のアンサンブルコンテストの翌日でした。
昭和最後の日について、今年の1月に書いています。
ajya.hatenablog.jp

平成2年(1990年)に高校を卒業して、最初の会社に就職しました。
平成10年(1998年)に、現在の会社に転職をしています。

独身を卒業し、子どもが生まれる

平成21年(2009年)に結婚しました。
平成25年(2013年)に子どもが生まれました。

この10年で生活が大きく変わっています。

思い出写真
unsplash-logoJon Tyson

インターネット、携帯電話の普及

平成7年(1995年)に携帯電話を契約しました。
当時は東海デジタルホンです。
以来キャリアが変われど契約は変わらず、23年9ヶ月使っています。

インターネット回線を自宅で契約したのが、平成10年(1998年)です。
ISDN回線で、テレホーダイの時間になると利用していました。
その後プロバイダの都合でフレッツADSLに変更し、サービスが普及したのでフレッツ光に乗り換えています。


今週のお題「平成を振り返る」に沿って思い出してみました。
まだまだ思い出していけば、細かい出来事を思い出せそうです。