ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

昭和最後の日は何をしていたのか

スポンサーリンク

今年は「平成最後の年」と何度も目にします。
1月21日で、改元まであと100日を切ったそうです。
www3.nhk.or.jp
まだ変わるという実感はないです。
たまに「平成」で書く書類があって、この書類も余ったら訂正して使われるんだろうかと思うくらいです。

昭和最後の日は何をしていた?

「平成最後の年」と何度も目にするたびに、「昭和最後の日」を思い出します。
www.nikkei.com

「昭和最後の日」、僕は当時高校2年生でした。
記憶が間違っていなければ、昭和最後の日は、アンサンブルコンテストに出場して会場にいました。
出番前か出番の後かまでは覚えていませんが、会場のロビーのテレビで「平成」の新しい年号の発表を見た記憶があります。
周囲にいた高校生の反応は、なんだそれ?って感じだった気がします。

先輩と同級生と僕の3人でアンサンブルコンテストの出場だったので、帰りの電車の中で何か話したのかもしれませんが、全く覚えていません。
金賞・銀賞・銅賞のどれかは当てはまりますが、銀賞だった記憶があります。

f:id:AJYA:20190125124114p:plain
unsplash-logoLaura Fuhrman


「昭和最後の日」は記憶に残っています。
「平成最後の日」も記憶に残る日にしたいです。