ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

以前と同じ仕様という発注で、以前と同じではない運用

スポンサーリンク

1年前に利用したシステムを、再度利用されるという案件を担当しています。
1年前と今年では、システムとしては年の表記などが違うだけで本番稼働させました。

依頼元の方は、1年前も担当された方なので、これまでどのようなタイミングでどのような情報をこちらに提供していたのか、把握されていると思っていました。
実際は、記録されていないのか、探せないのかわかりませんが、こちらからあれこれ連絡しないと情報が提供されません。
連絡をして、了解した旨の連絡があっても全然情報提供がされず、催促すると思い出したのか、情報が提供される始末です。

依頼元のお客さんは、1年前とは違う方、同じ方もいますが、システムの実情を知らないであれこれ要求を出されています。
依頼元の方からお客さんに、1年前と一緒でなければ、システムの改修が必要になるので、どうするのかと確認をして、なるべくシステムの改修をしないで済ませられる妥協点を探しています。
依頼元のお客さんで1年前と同じ方が助言をして、1年前と同じ運用になるように治めてほしいです。

ミーティング
unsplash-logoThomas Drouault

1年前に利用したシステムを再度利用して、費用をかけず安く済ませたいのであれば、1年前と同じ運用をしてもらうのが前提です。
1年前と同じ運用ができないのであれば、本番利用を開始する前に検討して、システムを改修する費用を出して欲しいです。
本番利用を開始する直前や開始後にあれこれ発覚するのは、予定を当然していませんので突発で対応しなくてはならず、こちらに負荷がかかると認識して欲しいです。