ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

映画 プリキュアミラクルユニバースを鑑賞しました

スポンサーリンク

「映画 プリキュアラクルユニバース」を公開初日に見に行きました。
映画プリキュアミラクルユニバース
映画プリキュアミラクルユニバース|東映[映画]

今回も親子ペアチケットを、劇場版シティーハンターを鑑賞した際に購入しました。
劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>を鑑賞しました - ソフトウェア開発者の日常

当日の予定を決め、14時55分から上映の回で座席を予約しました。
前日まで空いていた席が埋まっていたので、少し場所を悩みましたが、見やすそうで、出入り口からも近く、他のお客さんと隣同士にならなさそうな座席を選びました。

14時45分頃映画館に到着し、前回同様子どもがポップコーンを食べたいと言ったので、塩味のSサイズを購入し、入場しました。

入り口でミラクルライトを渡され、点灯の確認もしました。

映画 プリキュアラクルユニバース 感想

子どもと一緒にテレビで放映されているプリキュアを見る時間が年々減っていて、「スター☆トゥインクルプリキュア」は、現状4人登場しているのは知っていますが名前がわかっていない状態です。
名前くらいはわかるような状態で見た方が、僕はよかったと思います。

ラクルライトが工場で量産されているというのは、そうでなければ人々の手に渡らないというリアルな設定なのかもしれません。
奇跡を起こすためのアイテムが工場で量産という設定は、なんだかなぁという印象です。

「スター☆トゥインクルプリキュア」の4人成長と、映画オリジナルキャラの「ピトン」の成長が同じくらいの印象です。
もう少し4人の成長に比重を置いて方が、印象が薄くならないです。

敵キャラを操られたとはいえ応援するシーンは新鮮でした。

ラクルライトで応援するシーンおよび時間は、これまで鑑賞した中で、一番多かったです。

過去2作品のプリキュアだけゲスト出演なのかと思ったら、前半で「魔法つかいプリキュア」「二人はプリキュア」が出たので、これ以上ないと思いました。
後半では全プリキュアが出演したようなので、いい意味で予想外でした。


子どもは楽しかった言っていました。
誕生日プレゼントに、スターカラーペンダントが欲しいと言っています。
ペンはガチャガチャやお菓子のおまけで手に入れているので、1本だけついていれば4本つきと同じように遊べるのかな?