ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

他人を批判する感情が爆発しそうになるとき

スポンサーリンク

他人を批判する感情が爆発しそうになるときがあります。

お客さんから質問があり、営業担当から、どう答えたらいいかと質問がメールであったので、社内の関連部署名を入れた返信メールを送りました。
営業担当は、社内の関連部署名が入ったまま、僕の返信をそのままコピーして、お客さんに回答として送りました。
だからこの人は、ダメな人って他の人も言ってるんだよ、と毒づきます

システム間連携用のファイルへの出力項目の追加依頼があり、1項目だけだったので無償で対応しました。
先方での確認も終わり、本番環境への反映依頼がありました。
本番環境への反映が終わった連絡をしたら、再度1項目の追加依頼がありました。
先の項目追加の依頼から24時間も経たないうちに、2度目の追加依頼です。
五月雨で頼んできて、こちらの手間を考えているのか?と言いたくなるのを我慢して、無償で対応しているのは、1項目だけだったので、何度も頼まれる前提ではない、これで最後の追加?と質問をしました。

感情が爆発
Photo by Julien L on Unsplash

データの比較を目視で行って、相違点に気づけない人に、WinMergeを使って比較を行うように伝えました。
伝えた後も、相違点を見逃しています。
見逃しに気づくたびに、なんで気づかない?と詰問したくなるのを我慢しつつ、WinMergeを使って、相違点に気がついた、前もWinMergeを使うように言った、と言い続けています。


今週のお題「爆発」で、他人を批判する感情が爆発しそうになるときを書きました。
書いていて、僕自身が批判の感情を爆発させる原因にならないようにしたい、と思いました。