ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

風邪の症状を、花粉症の症状と勘違いする

スポンサーリンク

2月28日にくしゃみを何度もしていました。
花粉症の症状のくしゃみが、止まらないな、と思っていました。
実際、ひどいときには、連続してくしゃみを何度もして、止まらなくなります。

何度もくしゃみをしているうちに、喉に違和感が出てきました。
くしゃみをするときに、変なくしゃみのしかたをして、喉に負担がかかかったか?と思っていました。

それまでは飲み薬だけで過ごしていましたが、点眼薬、点鼻薬もして、寝ました。
喉の違和感は残ったままでしたが、寝れば落ち着くだろうと思っていました。

くしゃみ
Photo by Brittany Colette on Unsplash

風邪の症状だった

翌朝の3月1日、喉の違和感が悪化して、痛みになっていました。
風邪をひいたのが確定です。

食事をすると、喉が痛いです。
耳鼻咽喉科医院を予約して、受診しました。
咽頭炎と診断され、5日分の薬を処方されました。
5日間では治りきらず、再度受診して、新たな薬を処方されました。


今週のお題「花粉」で、つい花粉症だと思ってしまう間違いを書きました。
くしゃみしているだけでは、わからないです。

1年前のお題「卒業」で、花粉症から卒業したいと書きました。
ajya.hatenablog.jp


「風邪に罹る」というのは、正しい言葉なのか?と思って検索したら、以下の記事が検索されました。
style.nikkei.com
風邪は「ひく」ものらしいです。