ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

「認知症初期集中支援チーム」の方と、面談しました

スポンサーリンク

姉と二人で、「認知症初期集中支援チーム」の方と面談をしました。
1時間15分ほど面談をした結果、

  • 内科の医院で、精神系の医院か、病院に行って、検査を受けるように勧めてもらい、受診するかどうか様子をみる。
  • 精神系の医院か、病院を受診しなかった場合は、「認知症初期集中支援チーム」の方が、高齢者の様子を見回っているとして何度か訪問をしてもらい、受診するように話をする。

となりました。

姉と僕で、それぞれに過去どんなことがあったのか説明をして、質問をされました。
僕は大概のことは、姉に話しているので、知らないことはないかもしれません。
姉の話には、知らないことが多くありました。

質問された姉が答える内容を聞いて、そう思っているんだ、と内心驚くときもありました。
母親の性格からすると、そのように姉が答えるのも、納得できました。

老婆
Photo by Steven Su on Unsplash

すぐなにか動き出すのを、つい期待してしまいます。
実際は、動き出すにはしばらく時間がかかりそうです。
半年後には、状況が変わり始めているかもしれない、と考えて、焦らないようにしたいと考えます。


親に対してできること - ソフトウェア開発者の日常
なぜ公にしなくても済むことを書くのか - ソフトウェア開発者の日常
改めて書き出すと、いろいろ思い出すし、考えさせられる - ソフトウェア開発者の日常