ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

なぜ公にしなくても済むことを書くのか

スポンサーリンク

先日、以下の記事を書きました。
ajya.hatenablog.jp

内科に、健康診断の結果を聞きに行った際、精神系の医院か、病院に行って、検査を受けるように勧めてもらう手はずにはなっています。
すんなり、精神系の医院か、病院に行って、検査を受ければいいのですが、受けないと予想しています。

内科には、姉と一緒にお願いに行っています。
認知症初期集中支援チーム」の存在も姉に知らせてあります。
info.ninchisho.net

認知症初期集中支援チーム」に姉が連絡をして、面談の予約をしました。
来週、姉と二人で面談をしてきます。
これまでの経過や、困っていることを、面談で話すので、メモを作成しています。

メモを書く
Photo by Brad Neathery on Unsplash

こんなこと、ブログの記事として、わざわざ書かなくてもいいのかもしれません。
そう思いながら、こうして書いています。

書くことで、なぜ自分がこのようなコトをしようとしているのか、考えをまとめようとしているときもあります。
決意を鈍らせないというときもあります。
誰かに見てもらうことで、よりよい意見がもらえるかもしれない、と期待しているときもあります。

いろいろな感情が入り混じりつつ、書いています。