ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

メールで連絡して無視されて、電話するとメールで連絡がある

スポンサーリンク

依頼元に、請求について確認のメールを送りました。
1週間経っても返信がなかったので、再度確認のメールを送りました。

再度確認のメールを送ってから、2日経っても返信がなかったので、電話をしました。
担当の方は有給休暇を取得されていたので、電話に出られた方に、電話した理由を説明しました。
翌日、別の担当の方からメールで連絡がありました。
ajya.hatenablog.jp

同じ依頼元の別の支社の案件で、請求について確認のメールを送りました。
こちらも、1週間経っても返信がなかったので、再度確認のメールを送りました。

再度確認のメールを送ってから、3日経っても返信がなかったので、電話をしました。
担当の方の名前は2人知っていましたが、1人の方の名前を出したら、席を外されていました。
電話に出られた方は、折り返し電話させましょうか、と言われたので、お願いしました。
当日、もう1人の担当のかたからメールで連絡がありました。

メール
Photo by Campaign Creators on Unsplash

2回メールして、さらに電話して、やっと返信してくるのは効率が悪いです。
遅くとも、2通目のメールが届いた時点で、返信して欲しいです。
依頼元には、「お客さんからのメールも、同じように2回メールを送られて、電話をかけられて、それから返信するんですよね?」と聞いてみたくなります。
このような会社の仕事は、受注したくなくなります。