ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

会ったときの第一印象で「合わない」と思ったら、ずっと合わない

スポンサーリンク

こちらの記事を読みました。
enrique5581.net

記事を読んで思い出したのが、15年くらい前に初めて会った、仕事の依頼元のAさんです。
東京に出張した際に初めて会いましたが、事前に同僚から、Aさんについての、悪い話を聞いていました。

先入観があったのもありますが、実際に初対面で話して、「この人とは合わない」との第一印象を持ちました。
Aさんは、Aさんが担当している仕事のために、相手のことは考えず、自分の考え、自分の体面、Aさんの所属する会社へ仕事を頼んでいるお客さん受けがいいように、周りを動かしている印象です。

その後も、Aさんが所属する会社の仕事を受注する機会があり、仕事をしていましたが、少しずつAさんの態度は変わってきましたが、第一印象の悪さは残っています。
また、Aさんは平気なのか、約束していた日程を破ってデータを送ってくるようになりました。
データだけでなく、問い合わせにも回答しないことがあります。
第一印象の悪さに加えて、やるべきことを期日を守ってやらない迷惑な人という事実が追加されました。
Aさんの迷惑ぶりは、社内でも知られているようで、Aさんの所属する会社の方に会ったときにも、言われました。

お断り
unsplash-logoPriscilla Du Preez

そんなAさんが、昨年会社を退職されて、起業をされました。
これまでの仕事のノウハウを生かして、起業をされたようです。

第一印象の悪さ、やるべきことを期日を守ってやらない迷惑な人という事実があるため、関係が持ちたくありません。
Aさんの会社にあった仕事の話が、僕の耳に入ったとしても、絶対紹介しないでしょう。
なかなかそう思わせる人はいないので、珍しい人だと思っています。