ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

在宅勤務中は仕事したくない?

スポンサーリンク

今週からは、在宅勤務が主で、ローテーションで出社しています。
僕の場合は、在宅勤務2日、出社1日のローテーションです。

4月23日(水)は出社しました。
在宅勤務の環境より、仕事はやはりやりやすかったです。
デスクトップパソコンとノートパソコンを同時に使って仕事ができるので、疑似2画面状態です。
ノートパソコンで表示した情報を見ながら、デスクトップパソコンで資料を作成できるのは便利でした。
同じ環境が在宅勤務でも使えれば、仕事の効率はいいのだろうなと改め認識しました。

考えの違い

社長も出社していて、少し雑談のように話す機会がありました。
社長は、在宅勤務では、みんな仕事できるのか?と思っているようです。
家族がいると、仕事がやりづらいという考え方をしているようです。
社長自身が在宅勤務をしたら、朝からビールを飲みながら、仕事をしていそうと言っていて、みんなそんなもんじゃないの?という思いもあるようです。

打ち合わせ
unsplash-logoLinkedIn Sales Navigator

僕からすると、確かに家族がいると仕事はしにくいです。
子どもは小学校1年生で一人っ子のためか、学校の課題が終わると、後は遊んで、遊んでと腕を引っ張たりしてきます。
一人で遊んでいてくれても、耳につく音を立てるときもあります。
妻にはあれこれ話しかけられるときもあります。

朝からビールを飲みながらという気分には、全くなりません。
アルコールに対して弱いからではありません。
在宅だから仕事がないわけではなく、仕事をしなくてはならない状況だからです。
納期がある仕事で、余裕があまりないので、仕事をどんどん進めなければなりません。
そんな状況では、アルコールを飲みながら、のんびり仕事はできません。
差し迫った納期の仕事がなくて、自己学習の時間となったとしても、知りたいこと、学びたいことは常にあります。
知りたいこと、学びたいことに時間を使っていたら、アルコールによる効率低下はしたくありません。

考えの違いと言ってしまえばそれまでかもしれませんが、信用されていないのかな?という気持ちになってきます。
確かに、在宅と出社では、環境の違いから効率が違って、成果物が出来上がるまでの時間が増えている可能性があります。
納期には間に合うようにと仕事を進めているので、士気に関わる発言は、考えて欲しいです。