ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

切羽詰まったときに、思いつけるか思いつけないか

スポンサーリンク

「思いつき」について1月に2度書きました。
ajya.hatenablog.jp
ajya.hatenablog.jp
状況が変わると「思いつき」が得られるときがあると書いています。

今回は、状況は変わっていませんでしたが、切羽詰まって思いつきました。

webサイト
unsplash-logoCharles Deluvio

思いついた状況

仕事で利用しているWebサーバーが動作しなくなりました。
Apacheのログを見ると、モジュールを読み込もうとしてエラーになっています。
ログに出力されているパスを見ると、ディレクトリが存在していません。
僕がOS、ミドルウェアを管理しているサーバーではないので、なぜこのようになったのか、どうすればいいのか全く分かりません。

仕事上どうしても必要なWebサーバーです。
復旧を待つという方法もありますが、待てないので代替のWebサーバーを用意すればいいのではないかと「思いつき」ました。
要件として、
Apache
PHP
・内部ネットワークから接続されて、外部ネットワークにも接続できる
があり、CentOSをインストールして、ApachePHPをインストールしようと作業を開始しました。

作業を開始したのはいいのですが、CentOS自体のインストールが久しぶりで、最新版がCentOS 8.1となっていて、過去の記憶や経験が役に立たない部分もあります。
調べながらのCentOSのインストールと設定作業を行い、Apacheのインストールまでしましたが、参考にしたページが悪かったのか、設定不足なのか、httpdプロセスが起動しません。
もう一度CentOSのインストールからやり直す気持ちにはなりませんでした。

インストールからやり直す気持ちにはなりませんでしたで放置しておくわけにもいかず、かといって不慣れな作業を再度繰り返しても時間がかかるばかりです。
どうすればいいのかと思いつつ他の作業を行っていると、Windows10にインストールすれば、要件を満たせるのではないかと「思いつき」ました。
動作させたいプログラムがWindows10で動作させた経験はありません。
それでも試す価値はありそうだと思い実行しました。

まずはApacheをダウンロードしようとしたときにxamppをインストールすれば、ApachePHPの連携の設定をしなくて済むので、手早く環境を構築できると気がつきました。
xampp最新版をダウンロード、インストールして、適切な位置にPHPのファイルを置いてWebサーバーとしての動作を確認したところ、期待した通りの動作をしました。
期待した通りの動作をしたので、設定変更の手間はかかりましたが、復旧されるまでの間利用して仕事を進められました。


今回は切羽詰まって、どうすればいいのかと思ったところで「思いつき」を2回得られました。
なにか手段がないかと考えに考えたことで得られた結果だと思います。