ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

使って残念だったタオル掛けを買い替えました

スポンサーリンク

以前記事にも書いた、タオル掛けをそのまま使っていました。
ajya.hatenablog.jp

記事に書いたあとしばらくは、吸盤部分とタオルを掛けるポール部分は外れませんでしたが、最近になって外れるようになりました。
洗面台の引き出しの扉に貼り付けてあるので、洗面台を使うときにタオルを掛けるポール部分を足で押してしまい、接着していた部分が弱くなって外れてしまいます。
以前のように接着剤を塗ってとめましたが、以前塗った接着剤がきれいに取れなくて、接着力が弱くなっていました。

何度も繰り返していましたが、面倒さがつのって、新しく購入を決めました。

伸縮なし、吸盤部分とタオルを掛けるポール部分の接合方法が違う物

買いに行く前にニトリのWebサイトで、適切な商品があるか見ていると、欲しい幅の商品はありませんでしたが、口コミに、ポールが伸縮する部分から外れるとあったので、伸縮タイプは購入しないと決めました。

これまでのタオル掛けを購入したホームセンターとは別のホームセンターに行くと、吸盤式でポールが伸縮タイプではないタオル掛けは最大70cm台でした。
実際にタオルを掛けるポール部分は60cm台で、伸縮タイプより狭くなりますが、伸縮タイプを購入する気はありません。
吸盤部分とタオルを掛けるポール部分の接合方法を見ると、差し込む形式ではありませんでした。

タオルを掛けるポール部分が狭くなるので購入をためらいましたが、これ以上幅が広くてポールが伸縮タイプではないタオル掛けはAmazonで探しても見つからなかったので購入しました。

帰宅してから洗面台に取り付けると、確かにタオルを掛けるポール部分は狭くなっています。
狭くなっていますが、吸盤部分とタオルを掛けるポール部分の接合方法は頑丈そうなので、長く使っていけそうです。