ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

タワレコ手帳2015を使ってみた感想

スポンサーリンク

2014年に使っていたEDiTのB6サイズより、小さいことによるメリットとデメリットを感じたので書いていきます。
f:id:AJYA:20141216224050j:plain

メリット

  • 鞄に入れやすい。おさまりがいい。
    鞄に入れるときに入れやすいのは、わずか数秒とはいえ時間短縮ができます。
  • 軽い。
    EDiTと同じ1日1ページタイプでも、サイズが違うので、軽くなっています。
  • きちんと開いて、閉じられる。
    最初だけかもしれませんが、180度開いた状態で置いておけ、閉じればきちんと閉じます。
    EDiTは最後の方は、閉じても背表紙に当たる部分が崩れていて、きれいに閉じてくれませんでした。

デメリット

  • かける量が少ない
    紙面が小さくなっていることと、その日に感じたことを、以前よりたくさん書こうと心がけているため、いろいろ書いていると、普段記入する時間帯にまで書くことになり、後から読みにくいです。
  • 時間軸の高さが狭い。
    若干とはいえEDiT狭くなっていて、細かい字を書くのが苦手なので、書きにくく感じています。

f:id:AJYA:20141218235714j:plain
左がEDiT、右がタワレコ手帳2015

現状のまとめ

細かい字を書けるようにするには、記入に使うペンをもっと細いものにすればいいのではと思って、0.3mmくらいの商品を探しています。