ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

書き出す効果を改めて実感中

スポンサーリンク

最近、未経験業種のシステム設計に四苦八苦しています。
ajya.hatenablog.jp

そんなときにこちらの記事を読みました。
hochebirne.hatenablog.com
最後に

100%の解消は難しいとしても、見通しの立たなさからくる不安は、書き出して客観視することでかなり軽くできることを改めて実感しました。

書き出すと見通しがついて不安が軽くなる、を改めて実感。 - ForGetting Things Done

と書かれています。

僕自身も設計に四苦八苦をしていて、迷って悩んでいて、そんな状況を書き出して落ち着いています。
書き出す先は、Evernoteです。
Evernoteに書き出すのは、3年近く続いています。
Evernoteに書き出す前は、1日1ページタイプの手帳に書いていました。

書き出す
unsplash-logoNick Morrison

書き出す効果

ajya.hatenablog.jp
Evernoteに書きだす効果については、上の記事の最後に書いています。

感情を出して雑感を書くようにしているので、多少のイラつくことなら、落ち着くことができます。 逆に、落ち着いていたつもりがイラつくこともあり、自分がどれだけ気になっているのかを改めて気づくことがあります。

考えをまとめられたり、書いている途中に新たな気づきを得ることもあります。 事実の記録をしなければと考えているので、事実を思い出している最中に、それまで思っていなかったことが浮かんできます。

なぜ日記のような雑感を書き留めたいと考えるのか - ソフトウェア開発者の日常

最近は設計で四苦八苦している状況や、悩んだこと、気づきなどの他に、わからないのは仕方ない、聞けばいいんだというような、自分に言い聞かせるような内容も書いています。
書き出して目にして改めて読み、自分にできる内容をやっているんだと認識して、気持ちを軽くしています。