ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

動的ページでの日本語と英語の言語切り替えはあり?なし?

スポンサーリンク

依頼元からシステムにおいて、日本語と英語の言語切り替えボタンを用意して、切り替えられるようにできるかと質問がありました。
静的なページでは見かける機会があります。

日本語と英語それぞれで、システムを用意するのであれば、これまでも何度も作成した経験がありますが、切り替えボタンを用意するというのは初めてです。
なぜこのような質問をされたのかと考えると、料金体系が関係していると思い当たりました。

日本語と英語それぞれでシステムを用意すると、システムの基本料と使用料がそれぞれにかかります。
そのためシステムを1つにして、切り替えて利用できれば安くなるだろうと考えられたと想像できました。

翻訳
unsplash-logoRomain Vignes

日本語と英語の言語切り替えは現実的?

日本語と英語のシステムが表示言語の違いだけではなく、特有な項目があります。
英語のシステムに対して日本語のシステムでは、名前の漢字、名前のフリガナが、特有な項目になります。
逆に、日本語のシステムに対して英語のシステムでは、ミドルイニシャルと肩書(Mr.など)が、特有な項目になります。

項目の他にも、エラーメッセージや、登録が完了した後に登録内容を通知するメールの文面は全て異なっています。
登録内容の管理画面には、登録内容の修正機能があるので、日本語と英語どちらで登録されたのか判定して、修正用の画面をそれぞれに分けて表示もしなければなりません。

依頼元が多分考えられている以上に、こちらにとっては手間がかかる内容です。
以前、言語ではありませんが、別の項目を元に切り替えるシステムを作成した際に、予想以上に苦労して作成した経験があります。
手間を考えると、日本語と英語の切り替えボタンをつけた1システムを作成するより、別々の2システムを作成した方が、安くなりそうだと考えて依頼元に連絡しました。

依頼元からは、見積依頼があるかもと思っていましたが、別々の2システムを作成した方が安くなるかもしれないなら、その方向でと回答があり、検討だけで終わりました。


今回は過去の経験から大変さを導き、大変にならない方向で収まりました。