ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

今どきのノートパソコンのタッチパッドを使った感想

スポンサーリンク

最近のタッチパッドは精度がいい印象です。

f:id:AJYA:20140528123958j:plain
photo credit: Anonymous Account via photopin cc

ノートパソコンのポインティングデバイスとしては、タッチパッドが一般的ですよね。
Lenovoだとトラックポイント東芝ではアキュポイントといったスティックタイプもありますが広く使われてはいないです。
新しい ThinkPad X1 Carbon | Lenovo 日本


パワースリムモバイルPC dynabook R644 トップ/ラインアップ


トラックボール内蔵のノートパソコンは、ここ何年か見た覚えがありません。薄くできないから採用されないという記事を見た記憶があります。

僕の中での使いやすいポインティングデバイスの順序は、トラックポイントトラックボールアキュポイント、タッチパッドとなっています。

それぞれの印象

トラックポイントは、ThinkPadを5台使い続けて慣れているのもあり、マウスと同等に使えると唯一思っています。
欠点は、力を入れすぎなのか指先が使用時間が長いと、指先が痛くなってくることです。

トラックボールは、Windows 3.1時代のノートパソコンで使って、操作感になれました。

アキュポイントは、動きの悪いトラックポイントという印象がついていて、印象がよくないです。

タッチパッドは、指先の微妙なズレまで感知されるのか動きすぎたりして、使いやすいと思っていません。

タッチパッドを使ってみて

Windows XPのサポート切れに伴って、パソコンのリプレースがありました。
以下の2機種のタッチパッドを短時間ですが使ってみましたが、上に書いたような動きすぎということはありませんでした。
長時間使うと新たなことに気がつくかもしれませんが、ちょっとした文章作成程度であれば、不平を言わず使えそうです。

日本HP Directplus ProBook 430 G1 Notebook PC 製品詳細
HP ProBook 430 G1/CT Notebook PC ...

Endeavor NJ5900E | Epson Direct Shop |