ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

2個買う人のための金額ってなんだろう

スポンサーリンク

昨日昼食用のお弁当を買うときに、税抜473円(税込511円)のお弁当を選んでレジのおばちゃんに渡し、お金も511円出すと、

510円でいいよ。2個買う人のために511円にしてるから。

と言われ、510円支払いました。

その場では深く考えませんでしたが、どういうことなんだろうと気になったので計算してみました。

1個の場合

税抜473円 × 消費税率8% = 37.84円
税抜473円 + 消費税37.84円 = 510.84円
上記のように、小数点以下を切り上げれば511円で、切り捨てれば510円になります。

2個の場合

税抜473円 × 2個 × 消費税率8% = 75.68円
税抜473円 × 2個 + 消費税75.68円 = 1021.68円
上記のように、小数点以下を切り上げれば1022円で、表示されていた税込511円の2倍になりますが、切り捨てると1021円で税込511円の2倍にはなりません。

税込510円と表示すると、2個買ったときに小数点以下を切り捨てていても税込1021円になって、2倍を超えてしまうからということを言われていたんだと納得しました。