ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

Linuxの開発環境を作る際にいつも思うこと

スポンサーリンク

普段はWindowsで開発をしていて、Linuxの開発環境構築を行うのはマレです。
最近になって、LinuxDebianディストリビューションが選定された案件で、慣れない環境構築作業をしています。

Debianのインストールは、GUIがあって困らないです。
ネットワークインターフェースがDHCP自動起動されていて、すぐにネットワークにつながる状態で起動してきて、好印象です。
OSのインストールまでは難しくありません。

OSのインストールが終わった後は、コマンドを使ってのインストールです。
Samba、ApachePHPをインストールするには、端末アプリケーションを起動して、コマンドの入力が必要です。

どんなコマンドでインストールするのかわからないので、検索して見つけた記事の通り実行しています。
思った通りインストールできるときもあれば、できないときもあります。

今回は、PHPのインストールで、思った通りインストールされませんでした。
具体的には、PHP 8.0がインストールされるものだと思っていたら、PHP 7.4がインストールされました。

PHP 7.4がインストールされたけど、PHP 8.0をインストールできるだろうと、コマンドを検索して、実行してもインストール途中でエラーになります。
このコマンドがダメなら、こっちのコマンドならインストールできるのか?と別のコマンドを実行しても、インストール途中でエラーになります。
PHP 7.4がインストールされている状態ではだめなのかも、とPHPを消すコマンドを探して実行して、改めてインストールのコマンドを実行しても、途中でエラーになります。

どうにもならないので、諦めてDebianのインストールからやり直しています。

Linux
Photo by Sai Kiran Anagani on Unsplash

OracleVM VirtualBoxを使って環境構築をしているので、やり直しからはスナップショットを活用していきます。
Sambaのインストールが終わったところでスナップショットを作成しました。
これで、Debianのインストールからやり直さなくて済みます。

インストールされるバージョンの確認方法のコマンドも探して、確認しながら進めています。
Apacheは現時点で最新の2.4.51がインストールされると確認してから、インストールをして、インストール後に2.4.51がインストールされているのを確認しました。


Linuxの環境を構築するたびに、コマンドを検索して実行して、想定通りインストールできたのかと確認して、を繰り返しています。
環境構築を頻繁にしていれば、ノウハウがどんどん蓄積されているのでしょうが、頻繁ではないので蓄積されていません。
インストール作業がWindowsのように、ダウンロードしてダブルクリックして、で済まないのが面倒に思うこともたびたびです。
悩みながら作業して、思い通りにできたときの楽しさは、プログラムを作成するのに通じる部分があるかもしれませんが、MS-DOSの時代に少しでも空きメモリを増やそうと設定していたときの方に通じているのかもしれません。