ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

USB Type-C端子とLightning端子の充電専用ケーブルを使ってみました

スポンサーリンク

2019年、ある雑誌の懸賞に応募したところ、RAVPOWERのRP-PC112が当選しました。
www.ravpower.jp

2019年10月の終わり頃に到着して、開封してから気がつきましたが、端子の形状がUSB Type-Cです。
RAVPOWER RP-PC112
手持ちにUSB Type-Cを使った機器がないため、使っていませんでした。


昨年末にMNP携帯電話キャリアを変更するとともに、iPhoneiPhone 11に機種変更しました。
ajya.hatenablog.jp

家電量販店で手続きをしましたが、手続きの直前に家電量販店のアプリをインストールしました。
インストールしたら、2ヶ月間有効な、1,000円以上の支払い時に利用可能できる500円割引クーポンがもらえました。

1月いっぱいで500円割引クーポンの有効期限が切れるので、なにに使おうか考えていて、

  • iPhone 11をワイヤレスで充電するための充電台

もいいけれど、

  • USB Type-C端子とLightning端子のケーブル

  • USB Type-C端子をUSB Type-A端子に変換するアダプタ

の方が、ギリギリ1,000円くらいで購入できるのではないかと思いました。

ダイソーでUSB Type-C端子とLightning端子の充電専用ケーブルを購入

100円ショップに行くと電気関係はどんなものがあるのか見るようにしています。
ダイソーに行った際、USB Type-C端子をUSB Type-A端子に変換するアダプタなんて売っていないかなと思って見てみたら、USB Type-C端子とLightning端子の充電専用ケーブルが売られていました。
ダイソー製USB Type-C端子とLightning端子の充電専用ケーブル
思ってもいないところで、充電専用とはいえUSB Type-C端子とLightning端子のケーブルが売られていたので購入しました。

iPhone 11でちゃんと充電できました

帰宅して開封し、

で試したところ、どちらもiPhone 11に充電できました。


どれくらいの速度で充電できているのかわかりませんが、当選した商品が無駄にならずに済みます。
会社のノートパソコンのHP EliteBook 830 G5が、周辺機器からするとUSB Power Deliveryに対応しているように見えたので、USB Type-Cのケーブルを購入して試してみるつもりです。