ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

液晶ディスプレイ LCD-MF244EDSBを使った感想

スポンサーリンク

5月の終わり頃の記事で、ノートパソコン等の更新の希望を出したと書きました。
ajya.hatenablog.jp

デスクトップパソコンの液晶ディスプレイが届いて10日間ほど使いました。
届いたのは、アイ・オー・データ機器のLCD-MF244EDSBです。
www.iodata.jp

使ってみた感想は、以下の通りです。

  • 23.8インチでフルHD(1920ドット×1080ドット)の解像度なので、Windows 10で拡大と縮小をしない100%表示でも見やすいです。
    自宅ではIdeapad 530S(AMD)の14インチディスプレイでフルHD表示していて同様に100%表示をしていますが、字が小さいなと思うようになりました。
  • アナログRGBケーブルだけでなく、DVI-Dケーブルも付属しているので、ケーブルの追加をしないで2台のデスクトップパソコンを同時に接続でき、表示をディスプレイ本体の操作で切り替えて表示できました。
  • 連続使用をお知らせする「VDTモード」を面白く感じます。
    姿勢がわるかったりしているときに「姿勢を正して」など表示されて気にしています。
  • 調整用のボタン押しにくいです。
    タッチの方がコストが安いのかベゼルを細くできるのかもしれませんが、メカニカルなボタンの方が、押したとはっきりわかります。

21インチくらいでもいいのかもと思っていましたが、実際に23.8インチの液晶ディスプレイを使うと、字が大きくて見やすいのでおすすめです。