ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

雨は楽しめるか、楽しめないか

スポンサーリンク

僕が住む東海地方は、ほぼ平年通りの6月7日に梅雨入りしました。
www.data.jma.go.jp

雨の日、特に通勤のときは、降水量が気になります。
傘を開いた時の大きさが違うので、折り畳み傘でしのげる程度なのか、普通の傘の方がいいのか気になります。

新しい傘を買ったばかりなら、はじいているのを見て楽しめるかもしれませんが、壊れない限り買わないので、なかなか機会がありません。

雪が降っていたら、「雪見酒」という言葉があるくらいですが、雨にはないですね。
kotobank.jp

全然洗車していない車の表面が、雨に濡れた状態では、きれいになったように見えるくらいでしか、うれしいときがありません。

子どもは楽しんでいる

子どもは、雨が降っていて傘がさせるので喜びます。
水たまりに長靴をはいた足を入れられるのでも喜びます。

先日は、「てるてる坊主」を作っていました。
子どもが作ったてるてる坊主

童謡の「あめふり」を歌うときもあります。
ja.wikipedia.org


今週のお題「雨の日の楽しみ方」で、僕と子どものどちらが雨を楽しんでいるか考えてみましたが、圧倒的に子どもが楽しんでいました。