ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

ビデオカメラ用三脚で悩み中

スポンサーリンク

昨年のクリスマス音楽会の際に

次回舞台を撮影するのは、来年の七夕まつり発表会なので、それまでにエレベーター付きの三脚の購入を検討したいです。

保育園 年中:クリスマス音楽会に行ってきました - ソフトウェア開発者の日常

と書きました。
6月になり七夕まつり発表会が近づいてきたので、ビデオカメラ用三脚の検討を始めました。

ビデオカメラ用三脚について知ったこと

会社にSLIK GX 6400 VIDEOがあったので、この三脚のページを読んでビデオカメラ用三脚について学びました。
GX 6400 VIDEO | ケンコー・トキナー

カメラ用の三脚は雲台を固定しかできませんが、ビデオカメラ用は上下左右に自在に動かせるようです。
基本と思われる事項を知らないで買って使っていたので、ゆるく固定して無理やり動かして撮影していました。
ゆるくしているために思わぬ方向に向いてしまうときもありました。

現在持っている三脚の高さを確認したところ、足を全て伸ばした状態で1,120mmくらいでした。
SLIK GX 6400 VIDEOは、1,579mmです。
あらためて高さを確認して、後方からの撮影で位置取りが難しいときに、この高さでは撮りにくいのは当たり前だと思いました。

どれがいいのか悩み中

Amazonでビデオカメラ用三脚を探したところ、SLIK GX 6400 VIDEOの他に、
Velbon EX-447 VIDEO
Velbon M47
が見つかりました。

価格だけで見れば、Velbon M47が安いのですが、軽いため不安定じゃないのかと心配にもなってきます。
会社でSLIK GX 6400 VIDEOを購入する際に、よく知っている人の意見を参考にしたのだろうから、無難なのかなと思っています。