ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

子供のおもちゃの収納のためにカラーボックスを購入

スポンサーリンク

おもちゃを入れなくなった後も使えるようにと考えて、ニトリのA4対応の3段のカラーボックスを購入しました。

カラーボックスカラボ A4ー3段(幅42×高さ107cm)

1人で組み立てて、30分ほどで終わりました。
組み立ててから改めて、20cm大きいだけでずいぶん大きく感じます。
おもちゃを入れなくなってからのことなど考えず、通常のサイズを買った方がよかったのかとも思いました。

連結して有効活用したい

買ってからニトリのカラーボックスのA4サイズを有効活用している例がないかと検索して、カラーボックス同士を連結できることを知りました。
ニトリの連結できるカラーボックスはまるで高級家具♡両面にあるダボ穴の魔法☆ - NAVER まとめ

ニトリのカラーボックス「両面ダボ穴」で連結できるの知ってる? | iemo[イエモ]

ダボ穴が複数あるから、棚板移動しても外側からネジで固定できると思っていましたが、内側から棚板を固定して連結することにも使えるとは思ってもいませんでした。
現在1個だけなのでもう1個購入して棚板で連結しようと、どういうレイアウトがいいか検討をしています。