ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

日々のメールのやり取りから気になったこと

スポンサーリンク

お客さんから、締め切りをむかえて受付を停止しているシステムの再稼働をメールで依頼されました。
f:id:AJYA:20150702053931j:plain
photo credit: Estás todavía en pecado? via photopin (license)

メールには、受付システムの新しい締め切りと、システムのURLを教えて欲しいとあります。

システムのURLの連絡が必要?

受付システムの新しい締め切りはわかりますが、システムのURLを教えて欲しいというのがなぜなのか理解できませんでした。
お客さんが他社に依頼して用意したWebサイトから、こちらのシステムへハイパーリンクをして誘導していました。
ハイパーリンクをするためには、当然システムのURLが必要ですし、システムのURLは稼働前にメールで連絡してあります。

ハイパーリンクの解除を他社に依頼したのはいいけれど、システムのURLを控えておかなかったために、システムのURLを教えて欲しいと書かれているのではないかと推測しました。

差出人や時期を絞ってメールを検索すれば、システムのURLを連絡したメールを見つけられそうな気がしますが、メールが多くて調べきれないのかもしれないなと思い、システムのURLを再度連絡しました。


メールの文面だけでは、どれくらいお客さんがシステムのURLを知るための努力をされたのかわかりません。
聞けばいいやとすぐにメールを書かれたのか、5分かけて調べてわからなかったからメールを書かれたのかわかりません。
システムのURLを質問することについて、ひとことあるといいなと思うメールでした。