ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

炊飯器の蓋が開かないときに、開いた後に確認すべきところ

スポンサーリンク

朝起きて、その日はご飯を食べる予定でした。
茶碗にご飯をよそうために、ボタンを押して、炊飯器の蓋を開けようとすると開きません。
何度かボタンを押しましたが、開きません。

蓋をロックする機能はないので、開かないはずがないのですが、現実として蓋が開きません。

取扱説明書の「外ぶたが開かない」の対処方法を読むと、「プッシュボタンの中央部分を押してください」と書いてあります。
炊飯器の取扱説明書
中央部分を2、3度押してみたら、炊飯器の蓋が開きました。

開いたときにわかりましたが、蓋を閉めたときに爪が引っかかる部分に、カラカラに乾いた米が、それなりの量でありました。
赤い枠で囲った部分です。
カラカラに乾いた米があったところ
米があったために、ボタンを押しても爪が上手く動かず、引っかかったままになり、蓋が開きませんでした。
何度かボタンを押しているうちに、なんとか爪が動いて、蓋が開きました。


前日の夜、炊飯器からご飯をよそったのは、僕と妻です。
どちらかが、米を落としてしまい、気がついていませんでした。
落とした直後は、まだ柔らかかったために、開かない、閉まらないという事象は置きませんでした。
翌朝までに、米がカラカラに乾いて硬くなったために、蓋が開かなくなってしまいました。

以後、米が落ちていないか、気にするようになりました。