ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

2020年のサンタさんからのクリスマスプレゼントは、Nintendo Switchのソフトでした

スポンサーリンク

今年はサンタさんに、2ヶ月くらい前から、お風呂の中やお風呂上りに、叫ぶ感じでクリスマスプレゼントをお願いしていました。

サンタさんからのプレゼント

サンタさんからは、Nintendo Switchのソフト「あつまれ どうぶつの森」と「世界のアソビ大全51」が届きました。
www.nintendo.co.jp
www.nintendo.co.jp

サンタさんは、ちょっとしたサプライズのつもりだったのでしょう。
「世界のアソビ大全51」と「あつまれ どうぶつの森」のパッケージを重ねて、リボンでまとめられていました。
正面から見ると「世界のアソビ大全51」が見え、裏から見ると「あつまれ どうぶつの森」が見えるようになっていました。

「世界のアソビ大全51」だ、なんでお願いしていた「あつまれ どうぶつの森」じゃないんだろう?と思わせようとしたに違いありません。

クリスマスツリー

子どもはプレゼントを袋から取り出すと、すぐに「世界のアソビ大全51」と「あつまれ どうぶつの森」の2本あると気がついていました。
サンタさんのサプライズは、気づかれなかったようです。

妻は気がついていて、子どもにプレゼントを見たときにどう思った?と聞いていましたが、うれしかったと答えていました。

どうやって2人プレイをするの?

子どもは、サンタさんにお願いしていた「あつまれ どうぶつの森」ではなく、「世界のアソビ大全51」を遊び始めました。
最初の画面で、プレイ人数を選べますが、2人プレイが選べません。
どうすればいいのかわからず、仕方なく1人プレイを選んで設定していくと、2人プレイが選べるようになりました。
コントローラの設定が悪かったのかと、悩まされました。
こうした情報は、パッケージか公式ページに書いておいてほしいです。


子どもには毎年クリスマスプレゼントがありますが、今年は、僕にもクリスマスプレゼントがありました。
僕へのクリスマスプレゼントは、少し使ってみてから書く予定をしています。