ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

長い長い梅雨の影響

スポンサーリンク

未だに東海地方では、今年の梅雨が明けていません。
これまで経験した記憶がない、長い梅雨の期間となっています。

例年なら、1日か2日雨が降ったら、1日か2日は晴れている、を繰り返していて、たまに晴ればかりが続く、というのが梅雨空の印象です。
2020年は、雨が降ってばかりの印象です。

雨が降ってばかりいるためなのか、自宅では、お隣との境目にある、フェンスを支えているブロックに、苔のようなものが生えていることに気がつきました。
もしかしたら、例年も生えていたのかもしれませんが、記憶にありません。
晴れが少なく、雨が降ってばかりで、生えてきたのだと思っています。

雨が降り続く
Photo by Suhyeon Choi on Unsplash

防犯砂利が流れる

今年も大雨の被害が出ています。
幸いなことに、我が家は被害を受けていませんが、大雨の影響と思われる出来事が起きていました。

自宅の周りには、防犯砂利を敷いている部分があります。
大雨が降ってしばらくしてから気がつきましたが、防犯砂利の一部が、敷いていない部分に移動していました。

防犯砂利は、軽いので、風で飛ばされたか?と思いましたが、風で飛ばされたのであれば、台風のときに飛ばされていそうです。
2020年の梅雨の期間に、台風のような、強い風が吹いた覚えがありません。

大雨が降って、水はけが悪くなり、さらに雨が降り続いて、水がたまり、防犯砂利が浮いて、流れたと考える方が、ありえそうです。

先日の4連休の間に、大体の防犯砂利を戻しましたが、防犯砂利にも、苔のようなものが生えていたりしました。


東海地方は、7月中には、梅雨が明けるようです。
暑いのも嫌ですが、さすがにここまで長い梅雨は、早く明けて欲しいと思います。