ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

見積作成するのはタダだけど、費用がかからないわけじゃない

スポンサーリンク

こちらの、提案書をパクって提案依頼書作成して、提案書を出してもらったベンダーとは、別のベンダーに発注するという、ひどい問題があるというツイートをリツイートしました。

このツイート読んで、僕は以下のツイートをしました。

ツイートの内容を、もう少し詳しく書いていきます。

打ち合わせ
Photo by You X Ventures on Unsplash

とんでも発言

東京の依頼元から、これまでシステム化できていなかった業務を、システム化したいので、打ち合わせをしたいと要望がありました。
過去に依頼された際、フローチャートなどを書かれて、ある程度資料のまとめができている方がいたので、別の方からの依頼でも、同じように依頼してもらえるだろうと期待していました。

打ち合わせた結果は、現状使ってる帳票類を示して説明されるだけで、業務の全体像がわからず、どのようにシステム化したいのかわかりませんでした。
説明された方は、こちらが業務を理解できていて、帳票を見せれば、システムを作成できると思われたようです。

こちらが困っていると、依頼元の会社の、所属がIT事業部という、ITに詳しいはずの方から、
「帳票見せるだけでなく、業務がわかるような資料にまとめて、仕様としないと理解されないから、仕様を作って渡して、見積作ってもらえばいいんじゃない。見積作成は、タダなんだから」
と発言がありました。

説明された方では、仕様として資料をまとめきれず、見積依頼すれば、あれこれ質問と回答のやり取りの結果、見積作成のために、こちらが仕様としてまとめるだろうという魂胆です。

こちらは、
ヒアリングして、仕様のまとめの支援も有償で行っています。費用が出せないなら、ITに詳しいはずの方と協力して、社内でまとめて、提示してもらえれば、見積作成します」
と返しました。

以後、この案件はについては連絡はありません。
仕様が出たからといって、なにもしなくて見積ができるわけではなく、実現性があるのか、実現が難しそうなら、代替する方法はないのか、あるいは仕様を変えられるのか、など検討が必要になります。
それを「見積作成は、タダ」と発言できる感覚が理解できません。


この依頼元は過去にこんなことがありました。
システムの開発および修正を依頼されて、都度見積を提示して、了承をもらっていました。
いざ支払いの段階になって、依頼元の社長は、
「なぜこんなに高いんだ、支払い止めろ」
と指示して、値引きを強要されました。
こんな、信じられないことをする会社とは、付き合う必要はないと思います。