ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

ボランティアをする効果

スポンサーリンク

Twitterで、ボランティアをするとメンタル疾患が治りやすい、幸福度が高まるというツイートを読みました。

kotobank.jp

妻経由で、妻のママ友のパソコン購入の相談を受けていますが、「知識の提供」をしているので、一種のボランティアだと考えられそうです。
妻経由で質問を受けて、分かっていればすぐに答え、分からなければ調べて答えています。

質問に対する答えが出せるというのは、小さな話かもしれませんが、人の役に立っている状態です。
人の役に立っているという認識が、メンタル疾患が治りやすかったり、幸福度が高くなったりするのかもしれません。

分からなくて調べているときも、興味があって調べているので楽しいです。
楽しいので、幸福度が高くなっていそうです。

f:id:AJYA:20190304124511p:plain
unsplash-logoMimi Thian

仕事で分からなくて調べているときは、楽しいときもあれば楽しくないときもあります。
楽しくないときは、やらないといけなくて仕方なくという気持ちがどこかにあります。


他人からすれば、どちらも専門なのでどっちも楽しいんでしょ?と思われそうです。
専門ではなく仕事でもないパソコンについて答えるのは、僕自身の興味だけという制約なので、パソコンについて答えるのは楽しいのみになります。