ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

Todoの管理方法

スポンサーリンク

Todoの管理には、Toodledoを使っています。
かれこれ何年使っているかわかりません。
ajya.hatenablog.jp

僕自身が積極的に情報収集していないからかもしれませんが、人気はない気がします。
Todoistなど類似サービスもあり、試してより使いやすければ乗り換えればいいのですが、今のところ試すまでにも至っていません。
紹介記事を読んで、繰り返しの設定が僕の設定したい通りに設定できなさそうな印象を受けたためです。

メールでTodo管理?

今では、やらなければならない事項の多くは、メールで届きます。
メールで届いたら、Toodledoに登録していました。

あるとき、メールで届くのだからメールでTodoを管理していけば、Toodledoに登録するのが手間が省けると考えました。
僕の使っているメーラーの「Becky! Internet Mail」には、「タスク」としてメールをブックマークする機能があります。
「タスク」は専用のフォルダが用意されます。
「タスク」にブックマークする際に、「要返信」「返信待ち」「ブックマーク」と種類が選べます。
僕が返信すべきメールには「要返信」、僕以外が返信すべきメールには「返信待ち」、後々参照する情報は「ブックマーク」をつけています。

f:id:AJYA:20190222230820p:plain
unsplash-logoGlenn Carstens-Peters

しばらく「Becky! Internet Mail」で管理していましたが、しっくりきません。
しっくりこない理由を考えると、2点気がつきました。

順番を指定できないのが、1点目のしっくりこない理由でした。
Becky! Internet Mail」で管理している「タスク」は、時系列順に並びます。
時系列順に対処するのが基本ですが、さまざまな理由により順番を変更したい場合もあります。
一々どっちが優先すべきと考えていたのかと思い出すのは、時間の無駄です。
対処すべきと決めた順番に並べ替えられないのは、しっくりきません。

メールの件名から対処の内容を思い出さなければならないのが、2点目のしっくりこない理由でした。
件名が適切につけれていればいいのですが、対処の内容を思い出せない件名の場合が多々あります。
Becky! Internet Mail」には、メール単位で「メモ」を付けられるので、「タスク」に登録するたびに必要であれば「メモ」を付けていけばいいのですが、最初に目にする件名から、対処しなければわからなかったらメモを見るというは手間です。
どんな対処をしなければならないのかと把握できないのも、しっくりきません。


しばらくの間試してみましたが、対処すべきと考えた順番通りに並べ替えられ、対処の内容をある程度わかるように登録できるToodledoでTodoを管理すべきと判断しました。
Becky! Internet Mail」の「タスク」は、メールの状態管理としてこれからも有効活用していきます。